納骨堂に戒名は必要?つける理由やつけないデメリット、費用など解説!

更新日:
投稿日:
タグ:

納骨堂に遺骨を納める際、戒名は必要なのでしょうか?実は、納骨堂との契約において戒名をつける義務はありません。しかし、戒名が無いと不具合が生じる場合があることも事実です。


今回は戒名をつける理由やつけない場合の注意点と対処法、戒名の費用相場などについて詳しく解説します。

納骨堂に戒名は必要?つける理由やつけないデメリット、費用など解説!

一般的に納骨には戒名が必要

白木位牌

近年は、費用面や考え方の多様化から戒名をつけない人も増えています。

しかし、一般的にお墓や納骨堂に納骨する際には、戒名が必要です。なぜなら、生前の名前である「俗名(ぞくみょう)」のままだと納骨を断られてしまう場合が多いからです。

また、仏式の葬儀の場合も戒名が必要です。葬儀や供養に関して故人の意思を反映するためにも、事前に戒名に関する知識を深めておくことが大切と言えます。

戒名が必要な理由とは

仏壇

葬儀・納骨の際に戒名はなぜ必要なのでしょうか。ここでは、主な理由を解説します。

戒名は仏弟子になった証

戒名とは仏弟子になった証であり、戒名の授与をもって仏門に入ったとみなされます。

そのため、お寺が管理している納骨堂やお墓に入るには戒名が必要となります。戒名が無ければお寺で受け入れる必然性が無くなるため、前述の通り納骨を拒否されるケースが多いです。

生前につけることも可能

本来、戒名は生前に授かるのが一般的でしたが、現代ではすっかり「死後の名前」として定着しています。生前に戒名を授かっておく人は少ない傾向にあり、亡くなった後に遺族が戒名をつけてもらうよう住職に依頼するという流れが多いです。

ただし、戒名は必ずしも住職につけてもらわなければならないものではなく、自分で作っても問題はありません

戒名の構成・付け方について

白木位牌と経本

昔の戒名は、2文字のシンプルなものでした。

しかし現代では、戒名は「院号(院殿号)」「道号」「戒名」「位号」の4項目から成り立ちます。それぞれには故人の性別や年齢、人柄・性格、生前の名前などが反映されるため、故人に適した戒名を授かることができます。

戒名をつけるのに費用はかかる?

お飾り

お寺の住職に戒名をつけてもらうには、「戒名料」が必要です。戒名料はランクによって異なります。

ここでは、戒名をつける際の費用相場について解説します。

戒名には「お布施」が必要

戒名料とはお布施のことで、戒名を付けてもらう際にお寺に支払います。戒名には段階的なランクがあり、故人の社会的地位やお寺への貢献度などにより、与えられるランクが異なります。

戒名のランクが上がると支払うお布施の金額も上がるため、近年では経済的な負担を考慮したり、無宗教・無宗派の人が増えてきたことから、戒名は不要と考える人も少なくないようです。

ランクで異なる戒名の費用

戒名の相場は、ランクが低い方では10~30万円、ランクが高い方では50~100万円程度です。以下に、戒名授与にかかる一般的な費用を一覧にしておきます。

信士・信女信士は男性、信女は女性に付けられる。もっとも一般的な戒名で、使用頻度が高く、ランクは一番低い。相場は10~50万円だが、宗派や寺院によって幅が広い
釋・釋尼浄土真宗で使われる戒名で釋は男性、釋尼は女性に付けられる。信士・信女と同ランク。10~30万円が相場で、他の宗派よりも比較的安め
居士・大姉居士は男性、大姉は女性に付けられる。江戸時代の上級武士などに使われていた戒名で、ランクは信士・信女よりも上。50~80万円が相場。
院信士・院信女信士・信女に院号がついたもの。天皇家や社会的身分の高い人に使われる。4つの中ではランクが一番高い。相場は70~100万円だが、宗派によって異なる

戒名の費用を抑える3つの方法

お参り

最も低いランクでも、数十万円はかかる戒名料。少しでも安く抑えたい気持ちが働くのではないでしょうか。ここでは、戒名の費用を安く抑える3つの方法について解説します。

低位の戒名を選ぶ

前述の通り、戒名は「院号(院殿号)」「道号」「戒名」「位号」の4つの項目から構成されています。戒名を授かる際は僧侶と相談し、低位の戒名を授かることで戒名料を安く抑えることができます。菩提寺の意向により、生前戒名や戒名授与サービスが受けられない場合は、このような方法が有効です。

菩提寺がある場合、継続的なお布施により戒名のランクが自然と高くなる傾向があります。従って、最初は高いランクの戒名が提案される可能性が高いでしょう。このような場合は、予算に応じた戒名、または一番下の位の戒名を希望する旨を伝えることで、あまりに高額な戒名料の支払いを避けることができます。

生前戒名を授かる

前述の通り、戒名は主に故人の葬儀を仏式で行う際に必要となりますが、生前に授かることもできます。生前戒名は死後に戒名を授かるよりも、戒名料が安く設定されている傾向があります。戒名が欲しいけれど、高額な戒名料を支払うことに抵抗がある場合は、生前戒名を検討するといいでしょう。

ただし、菩提寺がある場合は生前戒名を勝手に行うことは避けた方がいいでしょう。何も相談せずに、生前戒名を行っている他の寺院に依頼した場合、後々トラブルとなる可能性があります。

戒名授与サービスを利用する

故人の戒名を授かる際に、戒名授与サービスを利用する方法があります。戒名授与サービスとは、インターネット上で戒名を授与するサービスのことで、費用相場は2万円程度からと、一般的な戒名料よりかなり安価な傾向があります。

また、通常戒名料に含まれるお布施は寺院に対する感謝の気持ちを表すもののため、はっきりとした金額が設定されていません。

しかし、戒名授与サービスの場合は金額の設定が明確のため、精神的にも負担が少ないサービスと言えます。ただし戒名授与サービスを受ける場合は、生前戒名を受ける場合と同様、菩提寺へ事前の相談を行うようにしましょう。

戒名無しでも問題はない?

白木位牌とお供え物

前述の通り、葬儀・納骨の際は戒名をつけるのが一般的です。

しかし近年では、戒名をつけない人も増加しています。戒名が無い場合、供養の面で何か問題点は生じるのでしょうか?

戒名は本人の希望による

戒名をつけるかどうかは、あくまでも本人の希望が優先されます。つまり、戒名をつける義務はありません。

しかし、代々のお墓に入りたい希望があるなら一般的には戒名が必要です。どうしても戒名をつけたくない場合は、事前に菩提寺に相談しましょう。従来では「戒名をつけない人は受け入れない」としていたお寺も、近年は姿勢を変えつつあり、時代に合わせて柔軟に対処する僧侶も増えています。

戒名を省略する人は多い

お墓・葬儀に関するあるアンケート調査によれば、40~60歳の男女600人のうち「戒名を省略してもいい」と考える人は半数以上に昇るそうです。

現代では、戒名不要と考えている人が多い実態があると言えるでしょう。戒名不要と考える理由としては、「高い戒名料の支払いや仏式葬儀の必要性を感じない」「残された家族の経済的負担への考慮」などが挙げられます。埋葬方法へのこだわりが薄れ、散骨希望の人が増加している背景も影響しています。

位牌の名前は俗名でも可

仏壇や納骨堂に安置し、供養の拠り所となる位牌。位牌の名前は、戒名でなく俗名でも可能です。

例えば○田○代さんであれば、そのまま「○田○代」または「○田○代霊位」と表記して位牌を作ります。位牌の名前が戒名でも俗名でも、供養する気持ちに変わりはありません。

永代供養なら戒名不要

永代供養の寺院・納骨堂では、宗教・宗派に関係無く納骨できる所が多いです。

樹木葬・海洋葬などの自然葬の葬送スタイルには、基本的に戒名が必要ありません。どうしても戒名をつけたい場合は戒名プランの選択もでき、比較的安い料金で戒名を付けることができます。

戒名無しで葬儀・納骨する際の注意点

手元供養

戒名をつけずに葬儀・納骨を行う際には、どのような注意点があるのでしょうか?ここでは、想定されるトラブルと対処法について解説します。 

菩提寺との関係性悪化

戒名無しでも納骨できる寺院や納骨堂は増加傾向ですが、まだまだ従来通りの原則を守る所もあります。特に先祖代々のお墓があり、菩提寺との付き合いが長い人はその寺院の「檀家の家系」として捉えられます。

戒名をつける際に納める戒名料は、実は寺院にとって重要な収入源です。本音としては、なるべく戒名料を支払って欲しい気持ちがあるでしょう。そのため、戒名をつけない選択をすると、葬儀に僧侶が来てくれなかったりといったトラブルに発展する危険性があります。

事前に親族の同意を得る

戒名をつけないことが故人の希望であっても、戒名をつけることは未だに常識として認知されています。また、戒名をつけるかつけないかは個人的な問題とは言え、菩提寺との関係性にも深く関わってくる事柄です。

そのため、親族に口出しするなと求めるのも無理があるのではないでしょうか。戒名をつけない意向がある場合は、事前に親族へ説明し同意を得てから葬儀などを執り行うようにしましょう。

葬儀~納骨の際に起きる問題

戒名をつけない選択をした場合、葬儀・納骨・供養においてどのような問題が起きるのでしょうか?菩提寺との関係性の悪化も影響する、各シーンでのトラブルを見てみましょう。

葬儀の際のトラブル&対処法

戒名をつけない場合は、仏式の葬儀を執り行うことは難しく、以下のようなトラブルが想定されます。

  • 僧侶から読経を断られる
  • 菩提寺の寺院での葬儀を断られる

戒名をつけない場合、仏門に入っていないと見なされ、僧侶の派遣や葬儀としての寺院の利用を断られる可能性があります。これでは、円滑な葬儀を行うことは難しいですよね。

対処法は、以下の2つです。

対処法メリット①メリット②
自由葬・無宗教葬儀を行う仏式ではないため戒名が無くても問題がない。故人や遺族の希望する内容で葬儀が行え、自由にアレンジもできる。読経の代わりに黙とうや献奏を行うなど、個性的な葬儀が可能。
「お坊さん便」を利用する全国の各宗派の僧侶が登録されているため、読経だけをお願いできる。戒名をつけない無宗教葬の旨を伝え、読経が可能な僧侶を手配してもらえる。

供養の際のトラブル&対処法

故人を偲ぶ供養を行う際は、主に法要時にトラブルが発生します。法要では一般的に、初七日や一周忌、三回忌など節目となる命日に遺族や親族が一同に介し、僧侶に読経をあげてもらいます。

葬儀の際と同様、戒名をつけないことで供養の際の読経にも不具合が生じます

対処法メリット①メリット②
永代供養を受ける永代供養を行う寺院や霊園、納骨堂に遺骨を管理してもらうことで、無宗教でも供養の際に読経をあげてもらうことができる宗教的な儀式となる法要を行わず、親族などが集まり会食を共にしながら、故人を偲ぶ新しい形式が可能になる

納骨の際のトラブル&対処法

戒名をつけない場合、納骨の際にも問題が生じる可能性があります。具体的には、

  • 菩提寺のお墓に入れない
  • 宗教が限定されている墓地に入れない

などが挙げられ、対処法は以下の4つです。

対処法メリット①メリット②
無宗教の墓地・納骨堂を利用する納骨堂には民間や公営もあり、檀家になる必要がない所が多い。戒名が無い場合、無宗教・無神論者でも納骨可能。
公営・民営墓地を利用する自治体が運営する公営墓地や民営墓地は、無宗教でも利用可能な場合が多い。公営墓地は希望者が多く、抽選になることもあるが、管理費や墓石代、永代使用料が低いメリットがある。
散骨する戒名にかかる費用も、お墓の管理も手放すことができる。故人の思い出の土地をめぐる散骨旅行や、宇宙に散骨する宇宙葬を実施する機会になる。
樹木葬を行う遺骨をそのまま、もしくはパウダー状にして霊園の敷地内などに埋葬することで、散骨と同様のメリットがもたらされる。戒名がなくても問題ないケースがほとんど。

まとめ

戒名をつけるかつけないかは、基本的に故人の希望により選択できます。義務でもなく、必須でもありません。

しかし、故人の希望を尊重するとはいっても、菩提寺や親族との結びつきに影響を与える事柄であることは間違いありません。戒名の有無には、慎重な判断が必要と言えるでしょう

戒名をつけるか否か迷った場合は、ぜひ本記事をお役立てください!

納骨堂の選び方

このページの先頭へ
吾妻橋 天空陵苑 吾妻橋 天空陵苑
向島 たから陵苑 向島 たから陵苑