人骨で作る「ダイヤモンド葬」とは?値段やメリット、製作期間など解説

更新日:
投稿日:
タグ:

ダイヤモンド葬とは、遺骨(人骨)の全てを使ってダイヤモンドを生成し、自宅などに保管する供養方法です。遺骨を全て使うため従来のお墓は不要となり、お墓を「持たない」選択をする人のための、新しい手元供養の形と言えます。


今回は、ダイヤモンド葬を形作る人骨ダイヤモンドの値段相場や作るメリット、製作期間などについて解説します。

人骨で作る「ダイヤモンド葬」とは?値段やメリット、製作期間など解説!

人骨を加工する「ダイヤモンド葬」

ダイヤモンド

ダイヤモンド葬とは、従来のお墓へ遺骨を埋葬する代わりに、遺骨を全て「ダイヤモンド」に加工して身近に置く供養方法です。

ダイヤモンドにした遺骨は半永久的に美しい姿を保ち、ジュエリーなどにして身に纏うことで遺族の悲しみを癒やす、故人を身近に感じるといった効果を持っています。ダイヤモンド葬におけるダイヤモンドは「人骨(遺骨)ダイヤモンド」「メモリアルダイヤモンド」などと呼ばれ、近年メディアからも注目されています。

「ダイヤモンド葬」のはじまり

ダイヤモンドの写真

ダイヤモンド葬の起源は、2000年初頭です。2002年、アメリカのライフジェム社が人骨をダイヤモンドにする技術を開発し、「人骨ダイヤモンド製作」のサービスを開始します。後を追うように、複数の海外企業も人骨ダイヤモンド製作サービスを提供し始め、2005年以降には日本国内に支社が続々と設立されます。

現在では、人骨ダイヤモンドの生成は海外、ジュエリー加工は日本で行うスタイルが一般的で、提携企業は主にスイス、アメリカ、ロシアなどです。

サービス開始当初は若くして配偶者を失くした人や、子供を亡くした親など、故人との「別れ難さ」から依頼する人が多かったダイヤモンド製作ですが、近年ではお墓を「持たない」選択をした人、または散骨を希望していた人などからの依頼が増えています。

「ダイヤモンド葬」が人気の理由

透明のダイヤ

近年、ダイヤモンド葬はメディアでも取り上げられるほど注目を集めています。なぜダイヤモンド葬は人気なのでしょうか?その理由は、主に以下の3つです。

  • お墓の継承者がいない
  • お墓の維持・管理が困難
  • 管理料の費用負担を避ける

少子化が進む現代では、子供のいない夫婦が増加しています。

そのため、従来のお墓を建てても継承者不在のため、維持が困難な場合があります。また先祖代々のお墓が居住地より遠方にある場合も、お墓の維持・管理は難しいでしょう。

さらに、お墓の利用には通常1年ごとの管理料がかかりますが、ダイヤモンド葬を選択することにより、その費用負担を避けることができます。

人骨ダイヤモンドは違法ではない?

透明のダイヤ

人骨からダイヤモンドを作るなんて、違法ではないのかと不安になってしまいますよね。結論からお伝えすると、人骨ダイヤモンドは違法ではありません

ここでは、その理由について解説します。

墓埋法とは関係がない

遺骨の埋葬に関しては、墓地、埋葬等に関する法律(通称:墓埋法)により規定があります。墓地以外への埋葬は禁止されており、例えば自宅の庭や他人の所有地など、霊園や寺院の墓地、または納骨堂など行政に許可を得た土地や施設以外への埋葬は違法です。

しかし、墓埋法はあくまでも遺骨の「埋葬」に関して適用されます。人骨ダイヤモンドのジュエリー加工や人骨ダイヤモンドの自宅保管、もちろん手元供養も違法ではありません。

散骨も人骨ダイヤモンドも合法

遺骨を粉砕・散布する「散骨」でも、人骨ダイヤモンド同様、遺骨を加工します。

しかし、散骨は刑法により「葬送のための祭祀(さいし)で節度をもって行われる限り問題ない」とされています。また人骨ダイヤモンドの製造は海外で行われるため、法的に問題はありません。

人骨ダイヤモンドの製造工程と期間

キラキラのダイヤ

人骨(遺骨)から、ダイヤモンドが本当に出来るのか、疑問に思う人も多いですよね。ここでは、人骨ダイヤモンドの製造工程や、平均的な製作期間について解説します。

人骨ダイヤモンドの作り方

人骨ダイヤモンドは、火葬された遺骨に残っている数%の炭素を抽出し、黒鉛化させることによって生成できます。生成の際は天然のダイヤモンドと同じく、高温高圧の環境が必要です。

人骨ダイヤモンドのように人工的に作られたダイヤモンドは「合成ダイヤモンド」と呼ばれ、高度や輝度は天然のダイヤモンドとほぼ同じです。生成されたダイヤモンド原石は研磨してカットを施し、注文内容に応じてリングやネックレスなどのジュエリーに加工されます。

人骨ダイヤモンドの製作期間

1つの人骨ダイヤモンドを作るのに、必要な期間は約4~6ヶ月です。ダイヤモンド原石の生成は主にスイスやアメリカなど海外のため、輸送期間が必要となります。

現地に届いた遺骨を原石にするまでに数週間、国内の提携業者によってジュエリー加工を施すのにさらに数週間かかるため、早くても4ヶ月程度見ておくといいでしょう

人骨ダイヤモンドの値段相場は?

ダイヤモンドのアクセサリ

人骨ダイヤモンドの値段相場は、約40~200万円です。かなり幅がありますよね。ここでは人骨ダイヤモンドの値段が変わる理由や、追加料金などについて解説します。

カラット、カット、デザインによる

人骨ダイヤモンドの値段は、カラット数(大きさ)やカット(研磨)の仕方、デザイン(色など)により変動します。この点は、天然ダイヤモンドと同じです。

中でも最も値段に影響するのは、カラット数です。カラットとは宝石の重さの単位を指し、1カラットは200mgです。希望するダイヤモンドが大きくなるほど価格も上昇する傾向にあります。

値段の相場は、0.2カラットで40万円台、1.0カラットで200万円前後です。ちなみに、男性60kgの男性の遺骨から作られるダイヤモンドが最大で1.0カラット程度ですが、実にシャツのボタンにも満たない大きさです。

しかし、一般的に婚約指輪に採用されるダイヤモンドは0.3カラット程なので、1.0カラットのダイヤモンドを使用したジュエリーは、かなり豪華な物と言えます。

ジュエリー加工には追加料金が必要

人骨ダイヤモンドは、原石のまま保管することも可能です。

しかし、一般的にはリングやネックレスなどジュエリー加工を施し、日常的に身に付ける人が多いようです。人骨ダイヤモンドをジュエリーに加工する場合、原石の生成費用とは別に加工代金が発生します。

値段相場は5~20万円程度で、ネクタイピンなどオーダーメイドで希望するジュエリーを依頼できる場合もあります。また、ジュエリーの価格は素材やデザインにより異なり、素材がプラチナの場合は、18金・ホワイトゴールドよりも2~3割近く割高になる傾向があります。

人骨ダイヤモンドを作るメリット5つ

ダイヤの置物

遺骨をダイヤモンドにするメリットは、主に5つです。それぞれについて解説します。

ジュエリーとして身に付けられる

前述の通り、ダイヤモンド葬では遺骨からダイヤモンドを生成し、自宅で保管またはジュエリーに加工できます。

ジュエリーを身に付けることで、日頃から故人の存在を感じることができ、悲しみを癒やしたり元気を貰ったりできるというメリットがあります。

お墓がいらず、管理の手間が省ける

ダイヤモンド葬では基本的に、遺骨全てを使ってダイヤモンドを製作します。

そのため、遺骨の埋葬先が不要となり、お墓を持たない供養方法が実現します。お墓の継承者がいない場合や、先々の管理の手間を省くことができるため、散骨希望の人などに人気の供養方法と言えます。

半永久的に美しい状態をキープ

一度ダイヤモンドに加工した遺骨は、半永久的にその輝きを放ちます。遺族の悲しみを癒やすのみならず、フォーマルな場などで活躍する実用的なジュエリーと言え、遺族の生活を明るく豊かにしてくれるでしょう。

ここぞという時に身につけることで、故人が応援してくれるような心強い気持ちになるかもしれません。

唯一無二のダイヤモンドができる

実は人骨ダイヤモンドは、一種類だけではありません。遺骨に含まれる成分には人により違いがあり、その成分によって微妙に色が変わる特質があります。

そのため、故人の遺骨からはその故人ならではのダイヤモンドを作ることができ、人骨ダイヤモンドになってからも故人の存在を表現してくれます。

ペットの遺骨でも対応可能

人骨ダイヤモンドの製作会社の中には、ペットの遺骨も対応可能な所があります。大切なペットの遺骨をジュエリーにしたい場合は、ペットの遺骨ダイヤモンドを製造できる会社を選びましょう。

なお、小型犬や猫などはダイヤモンド生成に必要な炭素量が確保できない場合があります。選択の際は、ペットの毛や遺品からの炭素抽出にも応じてくれる会社を探すと良いでしょう。

人骨ダイヤモンドの製作会社3選

ダイヤの指輪

人骨ダイヤモンドの製作会社は、スイスとアメリカに多くあります。ここでは、製作実績の豊富な人骨ダイヤモンドの製作会社を3社ご紹介します。

アルゴダンザ(スイス)

2004年に創業し、2005年に日本法人が設立された会社です。2015年までには30ヶ国以上で人骨ダイヤモンドの受注実績があります。

公式ホームページ内では動画も含めて細かい製造工程が公開されています。非常に高い信頼度を誇り、日本でも多くの顧客から選ばれています。

ライフジェム(アメリカ)

2002年、人骨ダイヤモンドを初めて生成した会社です。2005年に株式会社ライフジェムジャパンが法人化され、日本進出を果たしています。

その生成実績は6,000件以上、炭素の精製技術においてアメリカ国内で特許を取得。天然ダイヤモンドでもなかなか見られない、ブルーダイヤモンドを取り扱っています。

ロニテ(スイス)

スイス・チューリッヒに本社を構える製造会社です。米国宝石学会(Gemolofical Insutitute of America)から認定を受けたダイヤモンドを製作しており、人骨ダイヤモンドの中でも質の高いダイヤモンドの生成が可能です。

製造工程をYouTubeにアップしており、その職人技が世界中の顧客を魅了しています。

人骨ダイヤモンド製作時の注意点とは

キラキラのダイヤの写真

人骨ダイヤモンドを作る際の注意点は3つあります。それぞれについて見てみましょう。

人骨が足りない可能性

人骨ダイヤモンドに必要な遺骨の量は、7~300gと会社により幅があります。もし炭素量が足りないと見込まれる場合は、髪の毛からも炭素を抽出することができるため、髪の毛を残しておくことがオススメです。

ただし、中には遺骨から抽出した炭素のみで製作する会社もあり、そのような会社に依頼する際に必要な遺骨の量は約300g(焼却後の全遺骨の1/4~1/5程度)です。

実は、人骨ダイヤモンドは本来このように一部の遺骨を使って作るものでしたが、近年は「全ての遺骨を使って欲しい」という希望が多いため、全ての遺骨を使った人骨ダイヤモンドの生成=ダイヤモンド葬が誕生しました。

紛失・盗難のリスクあり

一度人骨ダイヤモンドにしてしまえば、他のジュエリー同様に紛失・盗難のリスクが発生します。リングやネックレスは取り外しするため紛失の可能性があり、また自宅に原石を保管する場合も盗難される可能性があります。

ジュエリーに加工する場合は、普段から身につけていて扱いに慣れているものの方がいいでしょう。

故人の遺骨か証明できない

一般的に、ダイヤモンドと化した遺骨が故人の物かの証明は困難です。ダイヤモンドの生成には高温高圧な環境が必要で、製作過程で故人のDNAは破壊されます。

そのため、科学的な照合は難しいとされています。しかし、会社によってはシリアル番号を用いた厳重な管理を行っていたり、ダイヤモンドの納品と共に保証書を発行してくれる場合もあります。

そのダイヤモンドが確かに故人の遺骨から作られているか不安な人は、そのような管理体制を行っている会社を選択すると良いでしょう。

人骨で作る「ダイヤモンド葬」 まとめ

遺骨の全てを使って人骨ダイヤモンドを作る「ダイヤモンド葬」は、近年人気の供養方法の1つです。いつでも故人が身近に感じられ、従来のお墓も不要なことから、ダイヤモンド葬を選択する人は増加しています。

人骨ダイヤモンドは天然ダイヤモンドと変わらない輝きを放つため、故人を失った悲しみを癒やすだけでなく、遺族の生活も照らしてくれるでしょう。ぜひお墓を持たない選択をした人は、散骨以外にダイヤモンド葬を検討してみてください。

納骨堂の選び方

このページの先頭へ
吾妻橋 天空陵苑 吾妻橋 天空陵苑
向島 たから陵苑 向島 たから陵苑