永代供養とは?永代供養の全て

更新日:

近年、少子高齢化や埋葬方法の多様化といった、さまざまな社会背景から永代供養を選択する方が増えています。

ここでは、永代供養とはどのようなものか?永代供養墓の種類は?費用は?といったことを説明しています。

目次Menu
  1. 永代供養とは? 初心者でもわかる永代供養の基礎知識
  2. 永代供養の歴史
  3. 永代供養墓の種類
  4. 永代供養にかかる費用
  5. 永代供養墓を選ぶ際のポイント
    1. 住職との相性は?
    2. 安さで選ぶ際は要注意!
  6. 永代供養まとめ

永代供養とは?
初心者でもわかる永代供養の基礎知識

お墓参りをする男性

永代供養とは、お寺や霊園がご遺族に代わって、故人やご先祖様のご遺骨を永続的に供養してくれることであり、そのようなお墓を永代供養墓とよびます。

従来のお墓であれば、先祖代々のお墓があり、それを家族で受け継ぎながら供養するのが一般的でした。
しかし、近年の少子高齢化により先祖代々が眠るお墓があっても、供養してくれる子供や孫が居ないといったお墓の継承者不足が問題となり、誰にも供養してもらえなくなった無縁墓が急増しております。

そのような理由から、近年ではお寺や霊園がご遺族に代わって清掃や供養を行ってくれる永代供養墓を選択する方が増えております。

ここまでの説明だけを見ると、「祖先を弔う日本の文化はどうなったんだ!」「永代供養って遺族から見捨てられた人のものなの?」と感じてしまう方も居ると思います。
ですが、永代供養墓を選択する方の多くが、「ご遺族の負担を軽減したい」という理由で選ばれております。

お墓を継承していくには、維持費を支払う必要があったり、定期的に清掃を行う必要があります。
そのような負担を子供や孫にかけないために、生前に維持費を一括で支払い相続税対策をすることができ、住職が代わりに供養してくれる永代供養墓を選ばれるそうです。

永代供養墓の歴史

花

永代供養墓が新しいお墓の形態として注目され始めたのは、1985年頃からです。
永代にわたる供養をお寺にお願いする、永代経(永代読経)というものは古くからありましたが、あくまでも既に亡くなった故人や先祖を供養するものであるため、現在の永代供養墓とは全く異なるものでした。

現在の永代供養墓は、生前に本人が購入することができたり、継承者やご遺族が居なくても、お寺や運営側が責任を持って毎日供養してくれるなどサービスが多様化しております。

ですが、永代供養墓が登場した当初は、多くの方が抵抗感を持ったそうです。初期の永代供養墓には、無縁墓になったお墓を一カ所に集めただけの無縁塔と区別が付かないもの、見た目も地味で死後を安心して託すには不安を感じるものもあったそうです。

また、管理や供養の仕組みも確立していなかったため、利用者が不安や抵抗を感じるのも無理はないと言う状況でした。
しかし、年々利用者からの要望を反映させ、質の高いサービスや多様なプランや仕組みを提供することで、利用者も満足し、永代供養墓は急速に浸透してきました。

永代供養墓の種類

住職

永代供養墓の種類ですが、大きく分けると、お骨安置スペースに個人単位または家族単位で安置するお骨安置タイプと、他の方のご遺骨と一緒に裸のまま合葬する合祀タイプの2種類があります。

お骨安置タイプの永代供養墓には、1つ1つのご遺骨を骨壷の状態で安置する個別安置タイプや、納骨堂タイプなどがあります。
合祀タイプの永代供養墓は、いわゆる共同墓地と言われるもので、室内の場合と室外の場合があるのですが、共通して言えることは価格を大幅に抑えることができる点です。

そのため、火葬後すぐにこの合祀タイプに埋葬する方もおられます。また、納骨堂の場合でも13回忌や33回忌といったある一定期間を経過すると、合祀タイプの永代供養墓に埋葬されることもあります。
合祀タイプの永代供養墓とはいっても、住職がお経をあげて毎日しっかり供養してくれます。

また、近年では樹木葬や散骨のように永代供養もさまざまな種類があり、自分に合った供養方法を生前に選ぶことが可能です。

永代供養墓の種類や形態についてさらに詳しく>

永代供養にかかる費用

計算機

永代供養にかかる費用は、大きく分けて「永代供養料」「納骨供養料」「販売料(刻字料)」「年間護持会費」の4つに分けられます。
永代供養料は、永代にわたって供養・弔いをしてもらうためのお布施。納骨供養料は、お骨を納骨する際に僧侶にお経をあげてもらうためのお布施。

販売料(刻字料)は、納骨堂など本体の販売料や、墓誌あるいはプレートなどに故人名などを刻字する費用。年間護持会費は、納骨堂などを生前購入した際や、ご遺骨を個別供養してもらっている間に発生する年間の維持費のことです。

これに比べ、従来のお墓の場合は、墓地区画の永代使用料と暮石代、刻字料、建設工事費がかかります。
それに加え、お墓を建てた後に墓地区画を使い続ける限り、年間維持費が発生します。

また、寺院墓地の場合は、檀家になる必要がある場合、入檀料や、その他のお布施が必要になることもあります。
これに比べて、納骨堂などの永代供養墓の場合、かなり費用を抑えて供養をお願いできます。

また、先ほどお伝えしたように永代供養墓にもさまざまなタイプがあり、そのタイプによっては、販売料(刻字料)や年間護持会費が不要で価格を抑えられるものもあります。

最も価格を抑えられるのは、合祀タイプの永代供養墓で、永代供養料と納骨供養料だけの10万円~50万円程度で埋葬することが可能です。
納骨堂タイプであれば、20万円~200万円程度で埋葬が可能です。

永代供養墓を選ぶ際のポイント

納骨

住職との相性は?

永代供養を選ぶということは、永代にわたり供養・弔いをお願いするため、供養面での信頼度が最も重要です。
もちろん、費用や檀家になる必要があるかどうかといったことも選ぶ際の重要な基準ではありますが、最も重要なことは、供養をしてくれる住職との相性です。
永代にわたり供養してくれる住職の人柄や人間性、自身やご遺族との相性はとても大切です。

例えば、分からないことがあった時に気軽に相談ができるか?故人を無くして寂しい時によく話を聞いてくれるか?
そのような点を基準にして選べると、自身の死後もご遺族が嫌な思いをせずに、住職や参拝者と新たなコミュニティを築けるかもしれません。

安さで選ぶ際は要注意!

近頃、「永代供養料0円」などといった安さを前面に強調した永代供養墓もありますが、永代供養を安さで選ぶ際は慎重にならなければ失敗します。
永代供養墓を購入するということは、モノを購入するのではなく、大切な故人の供養・弔いをお願いするということです。

そのため、納骨堂を価格重視で購入する際は、後悔しないためにも、提供されるサービスの説明をよく受けた上で価格とのバランスを検討するようにしましょう。

永代供養墓を契約する際の注意点はこちら>

永代供養まとめ

いかがでしたでしょうか。永代供養や永代供養墓について説明してきましたが、「お墓の継承者が居ない」「自身の死後にご遺族に負担をかけたくない」「お墓にあまりお金をかけたくない」「伝統的なお墓の制度にこだわりたくない」といった方はぜひ一度永代供養墓を検討してみてください。

本サイトでは他にも、納骨堂や永代供養に関するさまざまな記事を公開しております。ぜひ一度ご覧になってみてください。

納骨堂の選び方

東京都内の納骨堂を検索 Search

このページの先頭へ
吾妻橋 天空陵苑 吾妻橋 天空陵苑
向島 たから陵苑 向島 たから陵苑