購入後の供養が手厚い東京の納骨堂9選!選ぶポイントも合わせて紹介

更新日:
投稿日:
タグ:

東京都にお住まいで、納骨堂選びに迷っている方は多いと思います。東京都には納骨堂が400以上もあります。


サービス内容は場所ごとに違うため、適当に決めてしまうと、「別の施設の方が、安い値段でもっといいサービスを受けられたのに…」と後悔してしまうかもしれません。


そのような後悔を防ぐべくこの記事では、東京で供養が手厚い納骨堂9選と選ぶときのポイントを紹介します。ぜひ参考にして満足の行く納骨堂選びをしましょう。

高齢夫婦がiPadを見ている

東京で納骨堂を利用するメリット

東京都墨田区にあるたから陵苑納骨堂の参拝口

納骨堂とは、亡くなった方の遺骨を収めるための室内のお墓のことをいいます。昨今増えてきている新しいお墓の在り方であり、以下のようなメリットがあります。

  • お墓を持つのと比べると格段に安い
  • 代々受け継げる
  • 維持管理を代行してもらえる

通常普通にお墓を建てると150〜250万円くらいかかってしまいます。しかし、納骨堂であれば、40〜100万円程度に収めることができます。できるだけ安く済ませたい方にはオススメです。

一般的なお墓と同様、納骨堂でも代々受け継ぐことができます。納骨堂というと、1人ずつお墓を購入する必要があると思い描く方も多いですが、家族で1つの場所に入ることもできます。

また、永代供養型の場合の管理は、納骨堂側が代行。契約期限が切れたら各施設のやり方で合祀していただけます。

供養が手厚い東京の納骨堂9選!

供養のために手を合わせる女性

ここからは供養が手厚い東京の納骨堂について紹介します。サービス面を重視したい方で、納骨堂選びを迷っている場合は参考にしてみてください。

妙泉寺

妙泉寺は寛永11(1634)年に開かれた寺院です。

歴史あるお寺で、毎朝お経を上げて供養してもらうことができます。亡くなった故人にとっても、毎日お経で供養してもらえる環境はとても良いです。

また、料金が安いのもポイントの1つ。個別壇は38万円でおこなってもらえます。受け継ぐ家族が居ない場合は、8万円〜合祀してもらうことが可能です。

自身の今置かれている環境に合わせてプランを選んでみましょう。

ゆめみどう

ゆめみどうは日本マーケティングリサーチの調査で、「口コミ評判」「お参りしやすい」「友人にオススメしたい」の3つの部門で1位を取っています。お客さまからの満足度が高い納骨堂です。

また、プランの幅が広くさまざまなニーズに答えてくれるのが特徴。まだ、ビジョンが無い方や、こだわりがある方にオススメです。

吾妻橋 天空陵苑

法華寺の境内地にある納骨堂が吾妻橋 天空陵苑です。自動搬送式納骨堂なので、専用のカードキーがあれば思い立ったときにお墓参りができます。

ちなみに、自動搬送式とは、タッチパネルを操作することで遺骨が参拝者の元へ自動で移動するシステムです。たくさんの遺骨を収めることができるため、家族で入りたい方にオススメです。

また、遺族専用のコミュニティもあります。そのため、悲しい気持ちを溜め込んでしまって、辛い状況にある方は心の支えになってくれることでしょう。

向島 たから陵苑

向島 たから陵苑の1番の特徴はペットと一緒のお墓に入れることです。

長年連れ添ったペットは家族同然です。1人の家族として、大切に供養をしてくれるプランが整っています。

また、宗派を問わずに供養してくれるのもポイントの1つ。運営元は宗教法人 宝徳院なので、きちんと責任を持って供養してくれます。

その他にも、パソコンやスマートフォンさえあれば屋内の雰囲気を感じられる360度WEB見学が可能です。外出するのが面倒な方は、一度ホームページ上から雰囲気を感じていただき、実際に見てみたくなったら見学に行くというのもいいかもしれません。

新宿瑠璃光院 白蓮華堂

新宿瑠璃光院 白蓮華堂は「お墓参りを日常に」をコンセプトに作られた施設です。

気軽に立ち寄れるように至るところに工夫がされています。内装は美術館のようなおしゃれな空間に。

アクセスもJR新宿南口から徒歩3分なので、思い立ったときに気軽にお墓参りが可能です。線香やお花は準備されているので、手ぶらでのお参りも可能です。

小日向 林泉寺 縁の園

小日向 林泉寺 縁の園は、受付から参拝まで1枚のカードで管理することが可能です。

操作は簡単で、ピッとタッチするだけでOKです。パスワードなどを覚えて管理するのが苦手な方にはオススメ。

また、生前の申し込みもでき、納骨までの維持費である護持会費は無料です。

事前にお墓を決めておくと残された家族の負担を減らすこともできます。終活に向けて準備したい方にはぴったりな施設です。

新宿御苑前聖陵

モダンなデザインで、まるで人が住んでいるビルのような見た目をしている納骨堂です。伝統的なデザインよりも、参拝しやすい最新の施設を探している方にオススメ。

また、データ管理されているのも特徴です。最大8人分の写真と名前のデータを管理してもらえます。

お墓参りに行ったらいつでも故人の顔写真と会えるので、故人と心の会話をすることが可能です。

上野さくら浄苑

地蔵寺が運営している納骨堂。自然に囲まれた納骨堂で、心を落ち着かせながらお墓参りをすることができます。故人とも静かな気持ちで対話ができます。

お線香やお花は常に準備されているので、手ぶらでお墓参りに行くことが可能です。忙しい方でも、わずかな時間でお墓参りを完結できます。

また、アクセスも非常によく、日暮里・鶯谷・上野・根津の4駅が利用できます。

東本願寺 浅草浄苑

東本願寺 浅草浄苑は浄土真宗のお寺です。しかし、無宗教で利用できるので日蓮宗や禅宗、それ以外の宗教の方でも利用可能。

また、納骨についての対応はすべて、東本願寺 浅草浄苑の職員が対応してくれます。プロが親身になって相談に乗ってくれる素晴らしい環境です。

東本願寺 浅草浄苑は、合葬されることが無い永代供養を提案しており、連れ添った方が先に亡くなってしまった場合にもきちんと一緒のお墓に入ることが可能です。

東京で納骨堂を選ぶときのポイント

笑っている老夫婦

ここからは東京で納骨堂を選ぶときの確認事項を2点紹介します。どの納骨堂にするかまだ迷っている方は、以下の項目を見てから検討しましょう。

依頼するときにかかる料金を把握しておく

依頼するときは必ず納骨堂に支払う料金を把握しておきましょう。しっかり把握しておくことで、お金の不安が一気になくなります。安心して依頼するための近道です。

料金は基本的に護持会費といういわゆる年間管理費がかかります。護持会費は、自動搬送式のほうが高い傾向にあります。設備が最新式で、その上に人件費もかかるためです。

護持会費を抑えたい場合には、契約期間が決まっている個別型のもの。または、合同の納骨堂を選びましょう。ちなみに護持会費の相場は5,000円〜2万円程度です。

納骨堂までアクセスしやすいか確認する

納骨堂を選ぶときには自分が住んでいる場所に近いところを選びましょう。住んでいる場所から遠いと、お墓参りが面倒になってしまいます。

常に見守ってくれている故人に定期的に挨拶をしないのは失礼です。定期的に通える距離の納骨堂を探してみてください。

アクセスがいいところを選ぶ基準は、「よく使う駅から徒歩10分以内で行けるところ」です。それ以上遠いところは、通うのが難しくなってしまいます。

東京にある供養が手厚い納骨堂まとめ

今回は東京にある供養が手厚い納骨堂を紹介しました。納骨堂はお墓を建てるよりも安価な料金で済み、管理の手間もかかりません。

また、代々受け継ぐこともできるので、費用を抑えて自分のお墓を持ちたい方にオススメです。

まだ東京のどこの納骨堂にするか迷っている方は、今回納骨堂ライフが厳選した納骨堂9選の中から、是非選んでみてください。選ぶときは確認事項も頭に入れておくといいでしょう。この記事を参考に理想の納骨堂を探してみましょう!

納骨堂の選び方

このページの先頭へ
吾妻橋 天空陵苑 吾妻橋 天空陵苑
向島 たから陵苑 向島 たから陵苑