地方から東京への墓じまいで多発しているトラブル

更新日:
投稿日:
タグ:

近年、墓じまいに対するニーズの高まりを背景にトラブルが増加しております。


中には、裁判沙汰になることも少なくなく、他の親族から多額な損害賠償を求められるケースもあります。


お墓は家のように立て直しや引っ越しが容易ではないので、まずは手順を踏むことが大切です。

墓じまい

墓じまいは改葬の一部

“お坊さんとお墓”

墓じまいとは、お坊さんに閉眼供養という墓石をただの石に戻す儀式を行ってもらった後に、故人の遺骨を取り出し、そのお墓を解体することです。

墓じまいと聞くと、遺骨もろとも消滅させるものと思う方もいるかもしれませんが、遺骨の遺棄は刑法で禁止されており、墓地以外の場所に勝手に埋めるのも 「墓地、埋葬等に関する法律」に違反します。

そのため、基本的に今あるお墓を撤去した後は、それまで納められていた遺骨の新たな居場所である、改葬先が必要になります。

墓じまいの手順

“契約書への捺印”

改葬にはいくつかの行政手続きや宗教行為を経る必要があります。

  • 元のお墓の管理者に相談し「埋蔵証明証」を発行してもらいます。
  • 「埋蔵証明証」を改葬先の墓地に渡し「受け入れ証明証(永代使用許可証)」か、墓地使用許可証を取得します。
  • 「受け入れ証明証(永代使用許可証)」か、墓地使用許可証を、現在のお墓のある地域の役所へ提出し「改葬許可申請書」を取得します。
  • 「改葬許可申請書」に、元のお墓の管理者の署名・押印をもらい、再びその地域の役所に提出すると、「改葬許可証」として使えるようになります。
  • 「改葬許可証」を改葬先のある地域の役所へ提出すれば、実作業に移れます。
  • 実作業では、元のお墓にお坊さんを招き、閉眼供養を行ってもらった後に、遺骨を取り出し、残った墓石を撤去してもらいます。
  • 取り出した遺骨は新しい改葬先に納骨します。

墓じまいはこれらの手順のうち、元のお墓を撤去する行為だけを指すこともあれば、墓守の任から解放されることを狙いとした手順全体を指すこともあります。

「自分が管理することになったお墓をどうにか片付けたい」と言う理由であれば、後者の意味合いで語られることの方が多いです。その場合は、継承者不要で契約できる永代供養墓に引っ越すことをお勧めします。

最近では、永代供養墓の中でも、血縁を問わず複数人の遺骨を一緒に納める樹木葬や、メンテナンス不要の自動搬送式納骨堂が増えており、一般墓に匹敵する勢いでシェアを伸ばしております。

そのほかにも、海洋散骨や手元に遺骨を残す手元供養などの選択肢もありますが、自治体によっては改葬許可証が下りないこともあるようです。いずれにせよ、墓じまいをするのであれば、遺骨の改葬先を決めた上で、新旧の墓地管理者や自治体に必要な書類を用意してもらい進めることです。

また、他の親族がいるのであれば、その親族に相談を、お寺から離檀するのであれば、そのお寺の住職に事前に相談するようにしましょう。でないと、大きなトラブルに発展する可能性もあります。

このようなトラブルを招きたくない方や、1人で墓じまいや改葬の手続きを進めるのが不安な方は、専門家に依頼するようにしましょう。改葬先が納骨堂であれば、大抵の場合相談に乗ってくれると思います。

また、中には墓じまいや改葬の手続きもセットで行ってくれる納骨堂もあるため、そのような基準で改葬先を選ぶのもいいと思います。

墓じまいで起きるトラブル

“怒るシニア男性”

墓じまいや改葬に関するトラブルは人間関係のトラブルが多いようです。大きく分けると、お寺とのトラブル、親族とのトラブル、またはその両方を合わせたものがあるようです。

墓じまいにより起こるお寺とのトラブル

お寺とのトラブルは離檀料と言う形で表に出ることが多いです。離檀料は檀家を離れる際に菩提寺に渡すお布施の事で、お墓の撤去によりその寺院の墓地管理から離れる際に求められることが少なからずあります。

離檀料は法的根拠のない費用ですが、盆と正月以外の日もお墓を守り続けた側からすれば、それまでの苦労も無関係に事務的に縁が切られて管理収入が途絶えるのに納得できないのも仕方ないと思います。

ただ、中には500万円という法外な離檀料が請求されるケースもあるため、注意が必要です。もしそのような高額な離檀料が請求された場合は、1人で悩まずにすぐに専門家に相談するようにしましょう。

もしあなたが墓じまいを望んだ際に、管理するお寺の住職が離檀料を求めてくるのか、またどの程度の額を求めてくるかはまちまちです。宗旨宗派や地域による傾向も見えづらく、相場を探るのもかえって関係を悪化させる恐れがあります。

そこで、トラブルにならないように、最低でも三回忌(年齢によっては七回忌)までの護持会費や年忌法要を繰り上げて行ったり、今後のお墓の維持が困難である事情を丁寧にお話し、理解してもらうといった対応も必要だと思います。

墓じまいにより起こる親族間でのトラブル

親族間のトラブルで最も多いのが、一族のお墓の管理者が他の親族には相談せず、独断で墓じまいを初めてしまうケースです。

東京都のある石材店には最近、家族の誰にも告げず、墓じまいを決めて相談に来る人が増えているようです。その背景として、近年は昔と比べて長寿になったことにより、自身の親が亡くなる時には、そのお墓を引き継いた子供もそれなりに高齢になっており、「この年齢で墓の管理者か」と戸惑いが生じ、話し合わずに相談に来る方が増えていると考えられます。

ただ、お墓はその管理者のものだけではありません。また、家族や交流のある親族にとどまらず、遠縁の方のものでもあります。そのため、しっかり相談せずに墓じまいをしてしまった場合は、別の親族から慰謝料などを請求されることもあります。

実際にあった話で、東京に住む2人の親族が他の遺族には何の相談もなく墓じまいをしてしまい、墓石を撤去してしまいました。その後、遠縁の90代女性が、精神的苦痛を受けたとして、慰謝料など530万円の損害賠償を求め提訴したと言う事件もありました。

このケースでは、墓じまいをした2人の親族が新たなお墓を建設するということで、和解が成立しました。

このようなことにならないためにも、皆さんが墓じまいをするときは、各関係者に事前にしっかりと相談しましょう。

墓じまいで多発しているトラブルまとめ

いかがでしたでしょうか。

墓じまいで多発しているトラブルについて解説してきましたが、参考になりましたでしょうか。

近年ブームになっている墓じまいや改葬ですが、そのブームの波に乗ってしまったせいで、思わぬトラブルを招いてしまうこともあります。もし、そうなった場合は自分で解決しようとするのではなく、その手の専門家に相談するようにしましょう。

納骨堂ライフでは、墓じまい後の改葬先として利用できる東京の納骨堂を多数掲載しております。一度希望条件を入力した上で検索してみてください。

納骨堂の選び方

このページの先頭へ
吾妻橋 天空陵苑 吾妻橋 天空陵苑
向島 たから陵苑 向島 たから陵苑