親が亡くなってからでは遅い?生前に決めておきたいお墓と相続のこと

更新日:
投稿日:
タグ:

万が一、親が亡くなってしまった際、お墓は誰が継ぐのか、お墓の費用はどうするのかなど話し合ったことはありますか?


生きているときにお墓の話をするなんて、「何だか縁起が悪い」と思われるかも知れませんし、死を連想してしまうので避けて通りたい問題だとは思います。しかし、死後にお墓のことでトラブルを起こし、家族や親戚が疎遠となってしまうのはもっと悲しいことです。


近年、そのようなお墓のトラブルを避けるために、生前にお墓の今後について決めておく方も増えております。


ここでは、親が亡くなる前に決めておきたいお墓と相続について、抑えておきたいポイントを詳しく説明していきます。

お墓と相続

お墓を相続する人(祭祀承継者)はどう決まるのか?

祭祀承継者の女性

お墓は昔からの常識として、長男やその親の子どもが継ぐとされてきましたが、必ずしもそうとは限りません。現代では、少子化・核家族化の状況で相続が出来ないというケースも多くなっています。

様々な状況を踏まえた上で、お墓を相続する人(祭祀承継者)はどのように決めるものなのかということを説明していきます。

生前の意思や遺言書による

亡くなった故人が祭祀継承者を指定していた場合、1番優先されます。

この場合は、遺言書でも口頭でも有効になります。また、家族や親族以外の人を継承者とすることも可能です。

家族での話し合いによる

遺言書がない、生前の意思もなかったという場合には、家族での話し合いで決めることになります。

通常は亡くなった方の配偶者や長男が一般的ですが、話し合いの中で納得のいく方向であれば、他の方が祭祀継承者となることも可能です。

家庭や地域の慣習による

家庭や地域の慣習とは一般的に昔から言われる、「長男→配偶者→存命の親→その他の兄弟姉妹→親戚」という順番になっています。

昔からの慣習が根強く残っている場合は、このような方式を取られることも多いでしょう。また、地域や家庭によって慣習も異なってきますので、上記の順番とは限りません。

家庭裁判所の決定による

万が一ですが、遺言・話し合い・慣習でも決まらず、トラブルになりそうな場合には家庭裁判所に申し立てて解決してもらう方法もあります。

お墓の相続で考えられるトラブル

怒るシニア男性

一般的に親が亡くなった際は、親の財産や土地などは子ども達で分けるというのが通常ですが、お墓や仏壇などの仏具などの「祭祀財産」は分けることができません。

その為、特定の1人が祭祀継承者となり引き継ぐということになるので、負担が多くトラブルとなることも考えられます。

お墓の維持や管理の負担

お墓参りは家族や親族皆様で行うものです。その際に墓石の不具合が見つかると、石材店に連絡をして、修理を依頼しなければなりません。これも継承者の役割といえます。

また、お墓の維持費として管理費をおさめる必要もあります。

法要の段取りを決める

一周忌・三回忌の法要を行うとき、お寺との連絡や段取り、会食の場、親族への連絡などを主となって行います。

お寺の場合は付き合いや檀家としての役割も

引き継いだ墓地がお寺の場合は、檀家として寺院との付き合いをしなくてはなりません。その為お布施なども発生するでしょう。

こうしてみると、祭祀継承者はかなりの負担があります。トラブルの原因となりやすいものとしては、維持管理費や修繕費などの金銭的な負担、法要の段取り、檀家としての役割という精神的な負担が考えられます。

トラブルを回避するためには?

通話しながら悩むシニア女性

家族や親族とのトラブルはなるべく避けたいものです。トラブルを避けるためには、どのようなことに気を付けることが重要なのでしょうか?

親の生前に話し合っておく

亡くなってしまった後に慌ててお墓や相続についてもめるよりも、元気である生前のうちに話し合いをしておくことは大事なことです。

その際に、祭祀継承者を決めておくことも勿論大切なことですが、近年は生前にお墓の話は縁起が悪いという考えから、次第に「生前に自分のお墓を建てておきたい」という方も増えています。

生前に購入するお墓は寿陵(じゅりょう)とも呼ばれ、名前のごとく大変縁起が良いともいわれています。

人が亡くなった後にお墓を建てることになれば、当然多額な費用がかかります。しかし、生前に自分のお墓を建てて自分で費用を負担すれば、残された家族の負担はほとんどありません。また、お墓や納骨堂を生前購入することで、相続税の節税対策にもなります。

自分の好きな場所やデザイン、お墓の形態(納骨堂・樹木葬・一般墓など)を選べるメリットがあります。

お墓や納骨堂によっては生前購入(寿陵)が出来ない所もありますので、事前に調べてみることが大切です。

墓じまいをする

また、お墓の継承者問題、核家族化、ライフスタイルの変化により「墓じまい」を検討される方も増えています。

「将来的に継承者がいない」、「お墓を守る人がいても高齢で負担がかかる」などから墓じまいをしていまい、自身の死後は安心していられるようにするのです。

「墓じまい」と聞くと、言葉から何だか悪いことのように感じますが、「現在あるお墓を撤去して、別の形で供養すること」ですので、決して悪いことではなく、むしろ他で供養するので前向きだといえるでしょう。

墓じまいをする人の理由

墓じまい

墓じまいという内容については、前述しましたが、どのような方が「墓じまい」を検討されているのでしょうか。

後継者がいない

昔は子供が多かったため、お墓の継承もそれほど問題にはなりませんでした。

現代は少子高齢化などで実際にお子さまがいないため、元気なうちに墓じまいをしてしまい、その後の供養先を決めてしまうという方も増えています。

子どもが遠くに住んでいる

どうしても、進学や仕事で地元から出る人は多いです。遠方に住んでいて、お墓を守っていくことは大変なことになり、遠ざかってしまうことも考えられます。そのような場合には、墓じまいをして近くに新しいお墓を建てるという選択肢もあります。

費用の負担で子どもに迷惑をかけたくない

お墓を継承していくということは、年間管理費(護持会費など)、お墓修繕費など後々に費用がかかることが予想されます。

その為、「子どもに負担をかけたくない」と考える親御さんも多いでしょう。

子どもへの負担を考えて、生前に自分の代で墓じまいをしてその後を決めておくことで、気持ちもスッキリできます。

墓じまいの後はどうなるのか?

改葬後の新しいお墓

墓じまいといっても、そこで供養が終わるわけではなくご先祖様を粗末にすることにもなりません。

墓石は解体されたとしても、大切なのは中の遺骨です。その遺骨を別の場所に移すという、言い方を変えればお墓の引っ越しです。お骨を別の場所に移す場合は「改葬」といい、改葬許可が必要となります。

自宅で遺骨を保管したり、散骨の場合には改葬許可はいりません。では、お墓の中にあった遺骨はどのように供養していけばいいのでしょうか?

永代供養墓に埋葬する

永代供養墓は、後継者がいなくて困っている人や残された家族に負担をかけたくないということで、考案されたお墓です。遺骨は一つの場所にまとめて埋葬され、寺院や霊園が永代にわたり供養してくださるので安心です。

後々に負担をかけたくないのであれば、契約の時に全額を支払ってしまえば子供や孫の負担にはなりません。

お墓を作らない選択(手元供養・樹木葬・散骨)

近代では、お墓という形を選択しない方法もあります。

遺骨の1部をアクセサリーにして身に着けておく、小さな骨壺にいれて家に飾る「手元供養」、業者により遺骨を粉末化し、海や山に撒く「散骨」、自然の中で眠りたい、自然を愛する人にぴったりの「樹木葬」などがあります。

どの方法も費用は安く抑えられますが、周囲の同意を得られるかという問題もあるでしょう。

納骨堂に改葬する

近年、納骨堂は東京などの都心で多く見られるようになりました。

都心のあまり広くない場所でも納骨堂であれば、2~3階などの建物になっているので充分な敷地面積です。

室内なので、天候や気温に左右されないのが特徴で、カードキーさえ持っていれば気軽にお参りできる種類もあります。

外のお墓では墓地周りや墓石の掃除が必要ですが、納骨堂は清掃の必要がなく、防犯カメラの設置や受付の人がいることもあり、セキュリティ対策も万全です。

納骨堂は近年でき始めたので新しく、室内は段差を排除したバリアフリーを取り入れている施設が多いことも、お参りに行く人にとっては嬉しいポイントです。

納骨堂は一般のお墓とは違い、墓石代や工事費がないので、大きく分けて永代供養料と護持会費の2つのみとなり、費用も抑えられます。

お墓と相続のこと まとめ

いかがでしたでしょうか。

生前にお墓のことを話題にするのは、難しく感じるかも知れません。

しかし、後になってトラブルを避けるためには、生前の元気なうちに家族や親族で話し合いを持つことが大切なことだということが、わかっていただけたら幸いです。

近年では、お墓の在り方もだいぶ変わってきました。一般的な墓石のお墓だけではなく、近代的なシステムの納骨堂も増えています。

生前に、ご自身の納得のいくお墓を決めておくことができるというのも、現代の特徴なのではないでしょうか。

納骨堂ライフでは、この他にも納骨堂や終活にまつわる記事を多数掲載しております。ぜひ参考にしてみてください。

納骨堂の選び方

このページの先頭へ
吾妻橋 天空陵苑 吾妻橋 天空陵苑
向島 たから陵苑 向島 たから陵苑