墓じまいに必要不可欠な「改葬許可証」の入手方法や手続きの流れを紹介!

更新日:
投稿日:
タグ:

近年では、墓じまいやお墓の引越し(改葬)を考える方が増えています。


お墓を一度購入したらその場所から動かせないと思っている方もいるかもしれませんが、現在納骨されているお墓から別の納骨先にご遺骨を移すことも可能なのです。


しかし、ご遺骨を勝手に取り出して移動させると罪に問われる可能性があるので、墓じまいをするときには必ず許可を取るようにしましょう。改葬の許可をとる手順は少し複雑なので、注意しながら手続きを進めていくことが重要です。

チェック項目

墓じまいを考える方は年々増加している!

考える中高年男性

近年では少子高齢化や核家族化の影響で、お墓を子孫代々継承していくことが難しくなっています。戦前まではメジャーな考え方であった家督相続や家制度の意識が近年になって薄れつつあることも、お墓の継承が難しくなっている理由です。

お墓の継承が難しい場合には、墓じまいやお墓のお引越しを検討するのがおすすめです。近隣の寺院のお墓や管理が手軽な納骨堂などにご遺骨を移せば、お墓の管理やお参りに関する負担を和らげられます。

墓じまいのためには「改葬許可証」が必要!

考える中高年男性

墓じまいやお墓の引越しには、改葬許可証の発行をはじめとした一定の手続きが必要です。これは、「墓地、埋葬等に関する法律」という決まりによって定められています。

もしも手続きをせずに勝手に墓じまいやお墓の引越しをした場合には、罰金刑または拘留の刑に処されることがあります。また、墳墓発掘で遺骨の遺棄や損壊に至った場合には、3ヶ月以上5年以下の懲役刑となる可能性もあります。知らずしらずのうちに法に反してしまうことの無いよう、十分に気をつけておきましょう。

改葬許可証を得るために必要な3つの書類について

考える中高年男性
墓じまいやお墓の引越しに必要となる改葬許可証は、手続きをすれば即時発行されるというものではありません。 改葬許可証の交付のためには、以下の3種類の書類の用意が必要です。

1.受入証明書(改葬受入証明書)

受入証明書は、ご遺骨を受け入れてもらう引越し先の墓地管理者に発行してもらうことができます。

墓じまいをするときには、ご遺骨を今後どうするかを決め、申請しておく必要があります。お墓や納骨堂がご遺骨を受け入れてくれることを証明するためにも、受入証明書は欠かせないのです。

2.改葬許可申請書

改葬許可申請書は、自治体に対して改葬の許可を得るための書類です。

書類にはお墓に入っている故人、つまり死亡者の住所や氏名、本籍などを記載します。さらに、現在の埋葬場所や改葬の理由などの記載も必要です。申請した方の住所氏名や続柄も間違いなく記載しておきましょう。

お墓を代々継承している場合には、複数のご遺骨が眠っていることが多いと思います。改葬許可申請書は、ご遺骨1体に1枚必要となるので、人数分の書類を用意しておきましょう。

3.埋葬許可証

埋葬許可証は、現在お使いの墓地の管理者に署名捺印してもらうための書類です。

現在、ご遺骨が間違いなく墓地に納骨されていることを証明できなければ、墓じまいやお墓の引越しの許可を得ることもできないのです。

改葬許可証を得るまでの流れについて

考える中高年男性

お墓が故郷など遠方にある場合、改葬許可証を用意しないままお墓を訪れても無駄足になってしまうおそれがあります。必要となる書類を発行してからお墓を訪れるようにしましょう。

1.受入証明書を発行してもらう

まずは、今後ご遺骨を預かってもらう新しい納骨先の管理者に、受入証明書を記載してもらいましょう。

受入証明書の発行費用はお寺や業者によって異なります。無料で発行できるところもありますが、1,000円から1,500円程度の手数料がかかることもあります。

2.改葬許可申請書を発行してもらう

受入証明書を入手したら、現在のお墓がある市区町村役場へ行って、改葬許可申請書を発行してもらいます。

改葬許可申請書は自治体のホームページからダウンロードできることが多いので、まずはサイトをチェックしてみましょう。不明な点がある場合には、自治体に問い合わせれば応じてもらえるはずです。

3.埋葬許可証を発行してもらう

続いて、現在のお墓の管理者から埋葬許可証を発行してもらいます。

お墓の管理者と改葬申請者が異なる場合には、このタイミングで改葬承諾書という書類も発行してもらいましょう。

4.改葬許可証の申請をし、入手する

受入証明書と改葬許可申請書、そして埋葬許可証といった書類を自治体に提出すれば、改葬許可証を入手できます。

ただし、改葬許可証は申請後即時に発行されるわけではありません。自治体によって異なりますが、改葬許可証の発行までには3日から1週間程度の時間がかかります。土日祝日を挟んだ場合、発行までに10日程度の時間がかかる可能性も考えられます。

改葬許可証の発行にかかる費用とは?

考える中高年男性
改葬許可証の発行が無料でできる自治体もありますが、多くの場合には書類発行に300円程度の手数料がかかります。複数のご遺骨を引越しさせる場合には、申請1件ごとに手数料が必要です。 改葬許可証の発行は窓口だけでなく郵送でも手続き可能です。ただし、郵送の手続きをする場合には往復の切手を封入し、改葬許可証の発行手数料を定額小為替で用意するなどの手間がかかります。

改葬許可証を手に入れたあとの手続きについて

考える中高年男性
改葬許可証を手に入れれば、晴れて墓じまいが可能になります。ここからは、改葬許可証を提示しての手続きについて解説していきます。

1.現在のお墓の墓じまいをする

改葬許可証が交付されたら、現在遺骨をお預けしているお寺の管理者に改葬許可証を提示しましょう。書類の提示によってはじめて改葬が認められ、墓じまいを進められます。

墓じまいにあたっては、お墓の解体だけでなく閉眼供養という儀式を執り行うことがあります。閉眼供養は「魂抜き」ともいわれる儀式で、お墓に込められている仏様やご先祖様の霊を抜くという意味合いがあります。

閉眼供養は事前の申し込みが必要となることもあります。現在のお墓に墓じまいの連絡をするときに、閉眼供養についても尋ねておくとよいでしょう。

2.新しいお墓への引越しをする

墓じまいを済ませたあとには、新しく使用するお墓や納骨堂にご遺骨を運びましょう。こちらのお寺の管理者にも、改葬許可証を示す必要があります。

新しいお寺では、納骨式や開眼供養(魂入れ)の儀式をすることがあります。こちらの儀式についても、事前に申し込みや相談をしておくのがスムーズです。

墓じまいをスムーズに進めるためのポイント

墓じまいにはいくつものプロセスがあるため、大まかな流れを把握しスケジュールを立てておくのがおすすめです。特に、書類発行には時間がかかることがあるので、余裕をもたせた日程で動くようにしましょう。

また、墓じまいをしたあとに親族から異議を申し立てられ、トラブルになるケースも発生しています。墓じまいをするときには事後報告ではなく、親戚に現在の事情を伝えた上で事前に意思を確認しておくことが大切です。

墓じまいにはかなりの手間がかかるため、忙しい方はなかなか手続きを進められないこともあると思います。また、遠方に行ったり書類の手配をしたりするのがわずらわしいと感じる方もいるかもしれません。

墓じまいを自分でおこなうのが難しいと考えられる場合には、墓じまい代行を業者依頼するという方法もあります。墓じまいや改葬を多く手掛けている業者に代行依頼すれば、手間をかけずにお墓の悩みを解消できるでしょう。

納骨堂の選び方

このページの先頭へ
吾妻橋 天空陵苑 吾妻橋 天空陵苑
向島 たから陵苑 向島 たから陵苑